端午の節句

5月5日、本日のお風呂は、菖蒲湯でした。

 

菖蒲湯とは・・・

菖蒲は、中国などでは古来から厄除けとして用いられてきました。日本では、奈良時代や平安時代の宮廷で、端午の日に厄除けのため菖蒲やよもぎを剣に刺したり、菖蒲の葉の薬玉を柱に下げたといわれています。

また「菖蒲(ショウブ)」は、「勝負」や「尚武」に通じることから江戸時代から男の子の出生を祝って、端午の節句に菖蒲湯に入ることが習慣になったといわれています。

 

効能としては、

・血行改善

・リュウマチ

・肩こり

・腰痛

・冷え性

などの改善に効くそうです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、菖蒲の花も綺麗に咲きました!!

 

 

菖蒲湯は、香りがあまりしなかったみたいですが、、、、

入居者様に、喜んでいただきました♪